医師国試

非選択的COX阻害薬と選択的COX阻害薬について

COX自身の説明は不要ですね   COX-1とCOX-2の違いから軽く説明します     こんな感じです なので炎症を抑えるにはCOX-2を選択的に抑えればいい気がします  非選択的OCX阻害薬と選択的COX阻害薬の違いについて以下の図で...
医師国試

アスピリン喘息はNSAIDsのアレルギーか?

喘息とはわけが違うんですね   アスピリン喘息は、アスピリンをはじめとしたCOX-1阻害を持つNSAIDsを投与した際に生じる喘息のこと 成人喘息の5~10%をしめ、ほとんどが中年の女性である   だいたいの患者は慢性的にCOX-2の機能が...
医師国試

IGRAについて

結核では陽性だけど、非結核では陰性だよ   IGRAは結核の検査として知られていますが、その実態は接触者検診で用いられるものです   外来で 「風邪ひいた、ごほごほ、咳が続くんですよね」 というような患者には、結核の診断リズムで   結核...
医師国試

Wilson病とMenkes病

銅の代謝吸収異常の疾患です     正常の銅の代謝吸収   そーですね、ATP7AとATP7Bですね どっちがWilsonでどっちがMenkesかなんてのは覚えてくださいね   Cuは吸収されたら肝臓内でセルロプラスミン(Cp)と結合して...
医師国試

胞状奇胎の分類と診断と管理と治療

慣れないとわかりにくい胞状奇胎について       胞状奇胎の定義 胞状奇胎というのは 簡単にいうと →  「妊娠した!」と思ったら「胞状奇胎でした・・・」ということ 正確にいうと →    栄養膜細胞の増殖などにより、絨毛が水腫状になった...
医師国試

SSSSで口腔内病変が発生しない理由(天疱瘡も含めて)

デスモソームの話です。 デスモソームは表皮の細胞間橋であるタンパクですね。 上図のようにデスモグレインは(国試的に必要なものとして)Dsg1とDsg3があります。 これらへの自己抗体が天疱瘡を引き起こします。     この記事の内容です...
医師国試

卵巣過剰刺激症候群とドパミンの使い方

  PCOSの患者に排卵誘発すると生じる病気です。 血管透過性が亢進するということと、腎血流低下して低容量ドパミン(1~3γ)を用いる点を忘れがち(無能か?)。   ドパミンについてまとめてみる。 低容量 1~3μg/kg/min ( =...
医師国試

地域包括支援センター

必ず1問出ると言われている。 何を間違ったか、112回は3問出題。 じゃあ113回は出ないか?? いや、出る。前回もこのような事例(111回の予防医学事件)があった。     1について ケアプランといえばケアマネージャーが想定されるが、...
医師国試

免疫抑制・化学療法におけるB型肝炎の再活性化について

  免疫抑制・化学療法前に、HBVキャリアおよび既感染者をHBs 抗原を用いてスクリーニングする。 上図のアルゴリズム道理である。   注意すべき点は ・核酸アナログはエンテカビルの使用を推奨する。 ・再活性化で肝炎を発症した場合には、H...
タイトルとURLをコピーしました