8/6更新 AT&T 短期配当獲得戦略【2022-5】

短期配当獲得戦略

本戦略現時点(2022-8-6)での結果
実現利益:+216$、含み損:−805$

以下画像は2021年12月29日

f:id:misoramenn:20211229123142p:plain

配当王・配当貴族銘柄のうち、資金の都合上1株100ドル以内で購入可能な銘柄を選択します。

2022年2月分は配当王T(AT&T)を選択しました。

12/28 CSP:Cash secured put writing

2022年1月7日が配当権利落ち日であったため、まずCSPから組み立てます。

12月28日、当時のATMが25.0であったため、31DEC21 24.5P(12月31日に満期を迎える24.5Putオプション)を0.08ドルで売り立てました。

1/5 exercise or expire?

31DEC21 24.5Pがexpireしたため、1月5日にMOを26.40ドルで100株購入しました。

配当を跨いで今後はCCWを行います。

1/11 配当権利落ち日

1月7日に配当権利日を跨いだことを確認しました。

1/12 CCW:Coverd call writing①

1月11日にCCWを行いたかったですが、やはりどうしてもNY時間は起きていられず寝てしましました。1月12日なんとか起きて成功しました。期近はプレミアムがゴミのような価格だったので、21JAN22 27.0Cを0.12ドルで売り立てました。

1/24  CCW:Coverd call writing②

1月21日に21JAN22 27.0Cががexpireしたため、1月24日に28JAN22 26.5Cを0.45ドルで売り立てました。

1/31  CCW:Coverd call writing③

1月28日に28JAN22 26.5Cががexpireしたため、1月31日にFeb18’22 27.0Cを0.08ドルで売り立てました。

2/1 配当の支払い

2022年2月1日、AT&Tの配当は1株あたり0.52ドル

100株保有していたので52ドル支払われました。

2/18  CCW:Coverd call writing④

Feb18’22 27.0Cはexpireすることが確実なので、Mar18’22 27.0Cを0.04ドルで売り立てました。

AT&Tは現在地23.5ドル程度です。取得価格は26.4ドル。長い戦いが続きそうです。

f:id:misoramenn:20220220224839p:plain

3/24 CCW:Coverd call writing⑤

3月18日にMar18’22 27.0Cがexpireしたため、3月24日にMay20’22 27.0Cを0.05ドルで売り立てました。

AT&Tは5月に配当を出すので5月銘柄として戦略を継続します。

株価が下がっているので、CCW戦略はきついです。配当貴族銘柄が調子悪いとこうなっちゃうんですね。しかしキツくなっても確実に利益を獲得できているのはこの戦略の良い点です。

5/2 配当の支払い

2022年5月2日、AT&Tの配当は1株あたり0.2775ドル

100株保有していたので27.75ドル支払われました。

5/20 CCW:Coverd call writing⑥

5月20日にMay20’22 27.0Cがexpireしたため、5月25日にJun17’22 23.0C0.06ドル売り立てました。26.40ドルで取得しているため、23.0Cがexercise されると、すなわち損切りすることになってしまいます。

2022年6月17日満期の23.0Callを0.06ドルで売り立て
6ドルを受け取って、AT&Tを23ドルに指値売りした

①6月17日終値でAT&Tの株価が23ドルを上回っていたら➡︎権利行使

23ドルで100株売却することに

②6月17日終値でAT&Tの株価が23ドルを下回っていたら➡︎権利放棄

Coverd callを継続する

AT&Tは株式分割をしてしまったため、株価が値下がりしました。その代わりに、AT&Tが手放したWarner brothersの株を取得することができました。全く嬉しくありません。

この手法は一生株を持っていてもいいと思える銘柄でやっていく必要があります。高配当を出す銘柄だからこそやれる戦略と言えるでしょう。

本当はS&P500とかのインデックスでやりたいのですが・・・。

6/20 CCW:Coverd call writing⑦

6月20日にJun17’22 23.0Cがexpireしたため、6月21日にAug19’22 21.0C0.28ドル売り立てました。26.40ドルで取得しているため、21.0Cがexercise されると、損切りすることになってしまいます。

2022年8月19日満期の21.0Callを0.28ドルで売り立て
28ドルを受け取って、AT&Tを21ドルに指値売りした

①8月19日終値でAT&Tの株価が21ドルを上回っていたら
➡︎権利行使

21ドルで100株売却することに

②8月19日終値でAT&Tの株価が21ドルを下回っていたら
➡︎権利放棄

Coverd callを継続する

21ドルのCall売りは攻めすぎた可能性があります。これは権利行使される可能性が高い気がします。でも、少しくらいは損しないとバチが当たるので良いです。

8/1 配当の支払い

2022年8月1日、AT&Tの配当は1株あたり0.2775ドル

100株保有していたので27.75ドル支払われました。

*本記事は2022年8月20日ごろ更新予定*

コメント

タイトルとURLをコピーしました